<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Wilkommen bei Carmen Nebel | main | Brennende Taiga >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Temudschin

歌詞翻訳シリーズ復活。
7LEBENの1曲目。

Temudschin

まだほんの少年――その名はテムジン
領主の息子
モンゴリアンたちと共に草原と風の中をゆき
死と悪魔と共に旅していた
彼の父が矢に射抜かれたとき
テムジンを呼び寄せ
こう言った 俺が死んだそのあとには
この一族はお前のものとなるのだ と

テムジン テムジン
馬を駆れ 地平線の彼方へと
きっとどこかから きっといつか
雄大な自由がやってくるまで
テムジン テムジン
ただひとり 千たびも闘え
さあ男となれ 思慮を深く
いつの日かお前はジンギス・カンとなるんだ

一族の戦士となるには若すぎる
彼は放り出されてしまった
タイチウトの一族につかまって
奴隷として囚われの身となった
貧困と苦悩のうちに暮した
やがてある少女が現れるまで
少女は誓った 死を迎えるときまであなたのそばにいると
そして彼を腕の中に抱きしめた

テムジン テムジン
馬を駆れ 地平線の彼方へと
きっとどこかから きっといつか
雄大な自由がやってくるまで
テムジン テムジン
ただひとり 千たびも闘え
さあ男となれ 思慮を深く
いつの日かお前はジンギス・カンとなるんだ

ある夜 彼らは
闇に紛れて出奔した
彼らの前には
新しい時代が待っていると予感しながら

テムジン テムジン
馬を駆れ 地平線の彼方へと
きっとどこかから きっといつか
雄大な自由がやってくるまで
テムジン テムジン
ただひとり 千たびも闘え
さあ男となれ 思慮を深く
いつの日かお前はジンギス・カンとなるんだ

いつの日か 必ずいつの日か
お前はジンギス・カンとなる
ええ、まあ、コアなファンの皆さんはそこそこドイツ語がお出来になるので、今更歌詞の翻訳などどうでもいい、いいえ、間違ってたりヘンな癖で訳されるとイメージが固定されちゃってかえって迷惑なくらいなんでしょうが、私としましてはDKの歌詞翻訳はもう一種のこだわりでございまして、やらないと気がすまないのですね。生温かく見守ってやってくれ(急に命令調)。

一旦ここに投稿してから推敲・手直しして、サイトの方に再掲の予定となっております。
公開推敲。全く恥を知らんねオクタヴィ。
文字ヅラとか語の響きににこだわるので時制とかその他いろいろ滅茶苦茶(以前からそうなんだけど)。
ストーリーテリングな歌詞なので、あとの曲を読んだら内容に矛盾が出て来る可能性大。


一曲めからMeinungers Welt全開ですよ。
なんだかうれしいわ。
サビの最後から2行目、

"Aber sei ein Mann, denk daran"
(さあ男となれ、思慮深く)

のフレーズが、
Corridaの"Einst wird kommen der Tag"のなかで、
ジプシーおばさんと老闘牛士がミゲールにかけている言葉と全く同じ。
常套句なのかな。

感想は後日あらためて。
オクタヴィアン(octavienne) * dschinghis Khan歌詞その他 * 00:57 * comments(14) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:57 * - * -

コメント

うはー!
待ってました!
DKの歌は、本当にストーリー性がありますね!
歌で聞いても、詩として読んでも楽しめます。
…って、自力では読めないのですが(笑)

感想も楽しみにしてます!
Comment by カエルスキー @ 2007/05/25 2:53 AM
ああああ、早々にコメントありがとうございますぅ。うれしいです。
曲だけで聴いても、ドイツ語のシャキシャキした語感で楽しい。
意味がわかるとまた別の味わいが出て来るのがDKの良いところ。
曲を堪能したあと、一語ずつ辞書を引き、だんだん意味がわかっていく時の快感といったら…
ああ、恍惚。

本当に自己満足翻訳ですんまそ。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/05/25 8:10 PM
あぁ、ついにオクタヴィアン様の訳が!
私も密かにワクワクしながら待っておりました!

Corridaとの共通点があるなんて。
本当に、「Dschinghis Khanが帰ってきたんだなぁ」と感じました。

これからもオクタヴィアン様の訳を
陰で楽しみにしておりまする。
Comment by 侑歩 @ 2007/05/26 1:05 PM
博士の物語第一章、ワクワクです。
壮大なチンギスカンの世界が展開されそうです!
素敵な訳ありがとうございます。
Comment by barco @ 2007/05/27 3:38 AM
お久しぶりです!

今回も素敵な訳詞、ありがとうございます!!
まだ、CDが買えない状況なので、訳で新しいDKを味わうことができて、とても嬉しいです。

他の詞が訳されるのを楽しみに待っています。がんばってください!!

Comment by まるちょこ @ 2007/05/27 6:59 PM
おおおありがたいお言葉の数々、本当にありがとうございます〜。

「ストーリーテリングな歌詞」って…
ルー大柴ちっく。われながらエクセレントだぜ。

皆様の励ましを糧に、しつこく続けますのでどぞよろしくです。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/05/28 2:26 PM
うおおう!新譜の訳がきてたぁぁあああ!
今のところCDが注文出来そうにないので、めっちゃ嬉しいです!
公式サイトで『テムジン』というタイトルを見てすっごい期待を寄せていました。
ああ〜歌詞がかっこいいったらもう!最高ですっ!
オクタヴィアンさま、訳してくださり本当にありがとうございます。
Comment by ディスコ・ドラゴン @ 2007/05/29 4:07 PM
おおぅありがとうございますぅ。
しかし、CDが手に入らない方、かなりいらっしゃるのね。
早く国内でも手に入るようになって欲しいです。

日本ツアーが実現するなら、国内でも売り出しておかなくちゃ。

ツアーどうなってるのかな。
メール、返事ないです。
公式サイトのゲスブには管理人さんからレスが入るのね。
書き込んでみるか…うう。



誰かゲスブで尋ねてくれないかしら。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/05/31 12:06 AM
こちらも2〜3週間ほど前にメールを送ってみたのですが、音沙汰なしです…
私の場合、文面が失礼すぎたからご気分を害されたのかも(滝汗)
今度あたり丁寧に、ゲスブに書き込みしてみることにします。
Comment by ディスコ・ドラゴン @ 2007/05/31 1:00 AM
おおお、きいてみて〜!

なんだか望み薄になってきたのかな。しょんぼり。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/06/01 2:52 PM
ご、ごめんなさい!こちらから書き込みチャレンジしたのですが、
『メアドに問題がある!正しいメアド使え』って警告が出て書き込めません(:3)rz
ヤフーでも本アドでも同じ警告が出てきました(泣)
何故だ!

Hallo,ich habe gehort eine Nachricht,das DK's on Tour in Japan hat ruckgangig gemacht.
Sollte es so weit kommen...das ist zu schade!

Bitte zeigen Sie mir wahre Nachricht?

↑こんな感じの文面で送ろうと思ったのですが…
やっぱし失礼すぎてむこうのサーバーが受け付けなかったとかでしょうか(:3)rz
Comment by ディスコ・ドラゴン @ 2007/06/04 9:15 AM
そうなんですか!
なにかサーバーの書き込み制限とかかな(○ちゃんみたいに)。

しかし、これだけメールを送ってる人がいるのに反応がない、サイトの訂正もしないというのは…

望み薄なのかなぁ(哀)。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/06/04 12:00 PM
メールの返事がないというのでしたたか絶望していましたが、
ゲスブ書き込みも不可ということでどん底です。
もう6月になるというのに、直す気配がいっこうにないところも…(泣)
ある日On Tourのページを見たらJapanが加わってたよイヤッホー!
てなことになったら、どんなに救われることか…!
Comment by ディスコ・ドラゴン @ 2007/06/05 1:02 PM
中国で二回ライブをやって、何か儲かる目算でもあるのでしょうか。
お客は入るのでしょうか。
日本に来るほうが興行的には絶対いいよ・・・と思うけど、
ドイツ国内での活動が忙しくてそれどころじゃなくなっちゃったとか。
それともまた日本の主催者と悶着があったとかなのかな(悲観的)


「中止の記事が!ガーン!!」と書いてるブログさんがあったんだけど、本当かな。
確かめてみようかなどうしようかな(悩)。
Comment by オクタヴィアン @ 2007/06/05 8:28 PM
コメントする









トラックバック