<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Auf der Straße nach Madrid | main | コスプレ写真をスキャンしてみた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Rübezahl

Ruebezahl,Ruebezahl,にらめっこしましょ♪












↑クリックしてね♪


Rübezahl

〈セリフ〉
シレジアのリーゼンゲビルゲは
ある荒々しい山の精が持っている国だった
そいつは巨大で力が強く
どんなものにも姿を変えることができる
そしてその名前はとんでもない恐怖とともに囁かれる
その名とは…


リューベツァール リューベツァール
山をも谷をも支配する者
望む事は何でもできる
皆が怖がってる
リューベツァール リューベツァール
でも昔、美しい女に惚れこんだとき
おまえはまんまと
いっぱいくわされちまったのさ

お姫様はとても美しい
おまえはひとめ惚れ
姫は森の中の澄んだ湖へ
水浴びをしに来ていたからさ
だから策略をめぐらせて
姫を城へと連れ込んだ
姫がどんなに頼み込んでも放っておいて
おまえはただ冷たく笑っているだけ

*repeat

姫にはたくさんのものを捧げた
城にある全てのもの
宝石に黄金
その上侍女までも
だけど姫はずっと泣いてばかり
だって他に好きな人がいるんだもの
そして姫は気づいた
ここにある物は全部
魔法、ただのまやかしでできていると

*repeat

ある日姫は言った
もしここにある全てのカブを数えられたら
私はあなたの花嫁になりましょう
すぐに数え始めたけれど
残念ながら慣れていないこと
やっと数え終わった時には
姫はもう逃げ去ったあと

リューベツァール リューベツァール
谷も山も持っているけど
姫には恋人がいたんだよ
よく考えてもみるがいい

リューベツァール リューベツァール
もう一度カブを数えてみな
おまえは美しい女に
いっぱいくわされちまったのさ

〈セリフ〉
そしてそのとき以来リューベツァールは
すねて腹を立て山の中に引きこもり
やってきて通り過ぎようとする旅人を
意地悪くからかったり驚かせたりするようになったのさ

リューベツァール リューベツァール
山をも谷をも支配する者
おまえは美しい女に
いっぱいくわされちまったのさ

リュー・ベ・ツァール!
4回目のrepeatの前半、1・2・3回目とは歌詞が違うようですが、DKOの歌詞も、4thアルバムについている歌詞もリピートになってます。そんなの私には聞き取れません(泣)。

追記。
James Bondさまのご協力により、4回目リピートの歌詞を追加しました!

ドイツ伝承シリーズ。
急に思い立って4thアルバムのジャケットをスキャンしてみた。

なんだか可愛いリューベツァール。
Louisだよ。Rübezahlの役は。

有名なおとぎ話のようです。
リューベツァールについては、以前barco嬢がブログで紹介しておられました。

名前の由来が、「カブ(蕪)(Rüben)」を「数える(zählen)」。
なんだか哀しいです〜。
名前を囁かなければいけないのは、山の中で大声で呼ぶと悪さをされるから。小声でそっと囁きましょう。

本当は鉱山の守り神的な山の精だそうです。地域によって天候の精だったりただの祟り神だったり、色々な面を持っているようです。

お姫様にまんまといっぱい食わされる話を始め、旅人を道案内する話とか、
リューベツァールに無理やり穀物を石炭と取り替えられて落胆していたら全部黄金だった話とか、木の枝に腰掛けて笛を吹いていたりもするらしい。

いろいろなエピソード、その他の民話も集めておとぎ話として出版されてます。
グリム童話のすぐ後位の時期に出版されたらしい。
アマゾンさんで買えるよ!私も買おうかと思ったけど高い…。

リューベツァールの物語―ドイツ人の民話
リューベツァールの物語―ドイツ人の民話
J.K.A. ムゼーウス, Johann Karl August Mus¨aus, 鈴木 満
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan歌詞-4th * 13:33 * comments(8) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:33 * - * -

コメント

御伽噺は題材にし易いのでしょうか、多いですね。
ちょっと可哀相だけど、お姫様にとっては迷惑でしかなかったので
この様な結末も良いのでしょう。
リューベツァール・ルイは老けて小難しそうですが、
生きていたらこんな感じになっていたのかな。
Comment by 江戸紫 @ 2006/02/14 12:05 AM
むさくるしく、もっさーとしているのに、
脚の長さなどから美しく見えてしまいます。
出会ったら沢山の物を捧げちゃいそうです。

鉱山の精という事ぐらいしか、もう覚えておりませんでした。
リューベツァールA、リューベツァールセブン、
リューベツァールタロウ、帰ってきたリューベツァールなどに
枝葉分かれして様々なエピソードがあるんですね!
Comment by barco @ 2006/02/14 2:01 AM
カブを数える… ドイツ語のかっこいい響きとのギャップが!

ジャケット、大きいの見ると、かなりかっこいい顔でびっくりです!
ありがとうございます♪
リューベツァールがこんなかんじだったら、
お姫様も文句言わず城に閉じこめられていたことでしょう(゚ー゚)
Comment by 一寸法師 @ 2006/02/14 8:26 AM
歌詞が切ないですね…(つД`)昨日の西遊記のドラマ
を思い出してしまいました。姫に思いを寄せるも伝
わらず…せ、切なすぎる…

ルイ、もっさいけどカコイイ(・∀・)!!!ですね。
やっぱり元がカッコイイと何を着ても決まるな〜。
Comment by ディスコ・ドラゴン @ 2006/02/14 10:47 AM
本当は、独裁者の山の精がひどい目にあう、へん!いい気味だ!という話なんでしょうが、
ルイだと思うとつい同情しちゃうのですね。

むさくるしいのになんだかいい感じ。
杖を持ったままくるくるピルエットしそうだし。
こんなリューベツァールなら、「もういいから帰れよ」と言われても
「下働きでいいから城において下さい」とか言って居ついてしまいそうです。

しかし「カブ数え」って、
「小豆あらい」とか「砂かけばばあ」みたいなネーミングですよね。
「帰ってきたリューベツァール」は性格が全然違ったりとかね。
Comment by octavienne @ 2006/02/14 1:41 PM
 2ヶ月も前の記事へのコメント申し訳ありません。
つい最近やっと聞きました。 Rübezahl。
なんだか曲の感じと、Louisの声(?)が渋くて、気に入りました。
 それと例の4回目かどこかのリピートの件なのですが、もしかしたらと思いましたので、参考までに。

Rübezahl Rübezahl
Langes über Berg und Tal
Sie hat einen an den Mann
Denke immer dran

Rübezahl Rübezahl
Zählten Rüben noch ein Mann
Dich hat deine schöne Frau
Über's Ohr gehau'n  
Comment by JAMES BOND @ 2006/04/14 7:25 PM
あぅ。ヘンな広告メールに挟まってて見落としていました!ごめんなさい。

醇・はウーウムラウト…ですよね。
改めて訳詩を検討してみます!!
ありがとうございます!
Comment by octavienne @ 2006/04/16 12:47 AM
ウムラウトはだめでしたか・・・。
改訂版;
Ruebezahl Ruebezahl
Langes ueber Berg und Tal
Sie hat einen an den Mann
Denke immer dran

Ruebezahl Ruebezahl
Zaehlten Rueben noch ein Mann
Dich hat eine schoene Frau (deineでなくeineでした)
Ueber's Ohr gehau'n
Comment by JAMES BOND @ 2006/04/16 11:03 PM
コメントする









トラックバック