<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

おとなBEST

 ずっと前に届いていたのですが連休やら何やらで開封もせず放りっぱなしでした。
やっと聴いてみました。

「おとなBEST・GENGHIS KHAN」!!

なんだか今回音質が非常に良いとの事。
確かに。なんだかいいような気がします。

Mann und Frauなど、今までのベストには入っていなかった曲があるなど、
ぼやっと聴いてみても新鮮なラインナップです。

ただ・・・。
続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 15:27 * comments(4) * trackbacks(0)

おとなBESTジンギスカン

お久しぶりざんす。

 ビクターさんから新しいCDが9月に出るらしいです。
〈おとなBEST〉シリーズのうちの一枚で。

予約しましたとも。
右のおすすめ一覧にも追加しました〜。

で、曲目リスト。


1. ジンギスカン
2. ハッチ大作戦
3. めざせモスクワ
4. サムライ
5. インカ帝国(マチュ・ピチュ)
6. ローレライ
7. ディスコ・ドラゴン
8. 砂漠の国サハラ
9. チャイナ・ボーイ
10. コンチキ号の冒険
11. 家に帰って
12. 哀愁のピストレーロ
13. 男と女
14. さらばマダガスカル
15. 外人部隊
16. 世界はひとつ
17. グッバイ・ハワイ


うん。
いいね。
外人部隊とか。

でもどうしてサードアルバム収録曲までなんですか。
クラバウターマンやドゥデルモーザも、前のベスト・オブの時に版権取ったんじゃないんですか?

映像はないんですか?
残る謎。
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 15:34 * comments(2) * trackbacks(0)

Derrickさんは随分と背が高い

JUGEMテーマ:音楽


見ましたデリック。たっぷり58分間。

ディスコで軽やかに踊るLouis。
アナウンスにうるさそうに答えるLouis。
地下駐車場への通路を、広い背中を見せつつツカツカ歩くLouis。

うへぁぁ。カッコいい。

で、友の会のトップになってる「被害者のプロファイル」みたいな写真がベラボーに素敵。

が。
こういう「正面・横顔」の写真って、普通容疑者の写真だよね。
被害者の場合、こういう角度での撮影は、遺体の顔じゃないの??
まあ、テレビドラマだから、そういう細かいところは突っ込んではいけないのでしょうが。

設定では、多分、ブラッキーは相当の悪党だね。
ドイツのデリックファンサイトにのってたあらすじの和訳はこちら(←過去の記事へのリンクです)
貧乏人から搾取するのよ。
マニュエラの顔の傷は、多分ブラッキーに殴られたんだよね。
マニュエラは、ブラッキーが、殺したいほど憎かったんだよね。
でも、撃てなかったと。

憶測だけではなんとも言えませんが。。

で、結局Louisは冒頭とラストにだけしか出てないのね。
もうちょっと、なんというか、回想シーンとかあってもいいんじゃないかと思うんだけど〜。
多分、他の登場人物の会話の中には登場してるんでしょうね。すっごく悪い奴として。
…イタリア語わかんないし(イタリア放映版なので、イタリア語吹き替えになってる)。
彼の役どころとしては、「見た目色男でチョイ悪、ディスコダンスがビシバシに上手い人」。
演技はどうでもいいかな、って感じでしょうか。Louisはドイツ語得意じゃなかったみたいだし。
ひょっとして回想シーンを撮影したけど、あまりに拙いのでカットされちゃったとか?

Louisと関係ないところを考察してみる。
揉めてたり、危ないところになるとやってくるデリック。ステキ。
「仲良くしてくれたら証言してやってもいいぜぇぅぇへへへ」
とチンピラ風ブラッキーの友人?に迫られているウーテ。危うしウーテの貞操!
…ベルが鳴ってたずねてくるのは…
デリックだ!
っていうか、デリックが来なかったら完全にいてこまされてるぢゃんウーテ。
で、いつも絶妙なところで登場する、長門裕之さん似のデリックさんが大変長身です。
推定195センチ。

何故か、私の中では、登場人物がすべて手塚治虫の漫画のキャラクターに見えちゃいました。
ブラッキーもデリックもマニュエラもウーテも。
マニュエラなんて完全に「人間テンプラ」の女の子(作品名・役名失念)じゃないの。

当時の若者文化、ディスコ、ゲーセン、ボーリング場なども興味深いです。
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 19:43 * comments(4) * trackbacks(0)

おとこまえ実写版

7インチ・シングルレコードです。

"Living on the highway" by Leslie Mandoki

おっとこまえ〜♪

















続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 23:17 * comments(2) * trackbacks(0)

Dschinghis Khan Research

以前、mixiの日記に書いたことがあるのですが、もう一度ここに書いてみます。

サイトの方の、アクセスを見ますと。
ちょっと前から、あるところからのリンクでお越しになる方が、集中して来られたり、ちらほらだったりしつつ、ずーっと続いてて気になっているのですね。

で、そのリンク元さんというのが、
Dschinghis Khan Researchさんというところ。
Dschinghis Khan Researchさん

おおおお。ここはねぇ。

私がこのサイト、というか、ブログを始めたのとちょうど同じ頃に、某お嬢様から教えてもらったところで、その当時既に閉鎖されてたので、アーカイブでしか見られなかったところ。何度もアクセスして熟読したものでした。
活動を再開されていたこと、まったく存じ上げませんでした。

今思えば、ここDKRさんで初めて知ったことも数多ざんした。
例えば、ヴォルフガング氏は歯科学を学んでいた、とか、レスリィ氏はDK活躍中からソロで活動していた、とか。
そして、ドイツ語歌詞の和訳も2001年当時に取り組まれていたことを知って、尊敬の念とともに「負けるもんか」と意識しつつ取り組んでいたこともここに白状しますです。

ありがたい紹介文とともにリンクを貼ってくれていたこともしばらく気付いてませんでした。
ありがとうございますです。
yahooで"Dschinghis Khan"で検索すると、相当上の方に出ます。さすが老舗!



えーっと、明日当たり「おとこまえ実写版」(←Louisじゃないぞ)を投稿予定。
乞うご期待。
ってか誰も期待なんかしねーでしょうが。
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 19:35 * comments(4) * trackbacks(0)

ディーター・トーマス・ヘックが語るDK

日本公演は中止・・・と言いますか、今年内にはない模様ですね。
残念。

公式サイトから今後のツアー情報が消えてしまったのは、予定が変わったから書き換えてるだけなんでしょうか。
何か重大な問題でも起こったとか、そういうことはないでしょうね。どきどき。

さて本題。
こういうのを買いました。CD二枚組。
"Dieter Thomas Heck praesentiert Dschinghis Khan - Hautnah"

なんだかテカテカ
















続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 00:53 * comments(5) * trackbacks(0)

の遺産、Genghis Khan

DKサイトめぐりをしていて他サイトさんから情報ゲット。

公式サイトの表紙がなにやら胡散臭いことに!!
http://www.dschinghis-khan.com/

「の遺産」!!

「難しくてよくわからない日本語」なのに、日本のファンのためにわざわざ、
怪しいタイトルででも書いてくれるというこの姿勢が!
もうもう、そこはかとなく嬉しゅうございます。
日本語ページもできてます。

「世界が待ちに待った再結成。
お待たせしました:」

待ってましたとも。

1979年あたりのものすごーい怒涛の日々とか、
「遺産」さんたちのプロフィールもやっとこさわかった。
Khanの子供は3人だ。

「ジンギスカンとの戦闘で唯一捕虜となり今では彼の味方となって戦う危険な黒人戦士です。」
=Cash。
踊りにもスーさんを彷彿させる危険さが漂っていてまったく心強い限りだ。

ああ、今まで放っておいてよかった(?)。
ヘタに訳しかけてたりしたら悔しいもん←サボってただけだが

ここまでしてくれるということは、来日は実現するよね??
嬉しいぃぃ!!
ライブ行けますように!私の都合のいい日に来てくれますように!
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 11:00 * comments(4) * trackbacks(0)

Wilkommen bei Carmen Nebel

カルメン・ニーベルの部屋へようこそ!
ドイツ国営放送の番組。

なんだかかなり経費がかかっていそうな雰囲気です。

DK公式ページに出演予定として出てたのですね。
うおおおテレビ出演!ドイツの人しか見られないのね。
いいなあ。私もドイツに住みたいもんだ。
などとぼやぼやしていたら。

なんと、日本に居ながらにしてこの番組が見られる方法があったのです。
オンラインでテレビ番組を録画してくれる、ドイツのサイトを使うのです。
日本国内でだってこんなサイト見つけられません。
こういうのを見つけられるヒト、本当に凄い!
はい、いつもお世話になりっぱなしのbarcoさまです。
で、その録画ファイルをDLしてデコードしてわけてくれたのがカエルスキーさま。
続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 20:18 * comments(7) * trackbacks(0)

来た来た来た来た

昨日到着のところが殆どだったようなのに…
どうしてうちにだけ届かないのかすぃら。
日ごろの行いがよくないのかすぃら。

多分夕方まで届かないだろうから(うちは普段夕方にしか郵便配達が来ない)今日は午前中は散らかりまくった家を片付けて、昼からは優雅に昼寝でもかますか。
と、半分あきらめていたら、朝9時半にピンポンが鳴った!

来た!

七たびの命

















片付けなんてしてられるもんですか。
ああ、でもあまりにひどいので、とりあえずCDを聴きつつ、のらくらと片付けを始めてみた。まあ進まないのなんのって。
続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 12:43 * comments(5) * trackbacks(0)

これでもかofマンドキ

えーいこれでもかのマンドキシリーズ。
“Children of hope”。
LPレコードです。画像は左半分。右半分はこちら。

チルドレン・オブ・ホープ
















続きを読む >>
オクタヴィアン(octavienne) * Dschinghis Khan * 00:38 * comments(2) * trackbacks(0)